ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス

By asabat, 2014/06/13

『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』をポチポチ遊んでいました。とりあえずクリアーしたものの、ゆかりッチの育成が面白くてまだ続けています。

『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』ベルベット モデルを購入。いわゆる限定版本体同梱版です。ダウンロード版ソフトがプリインストールされていた『真・女神転生4』の限定版と違って、ソフトは別に入っています。

『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』ベルベット モデルを購入。いわゆる限定版本体同梱版です。ダウンロード版ソフトがプリインストールされていた『真・女神転生4』の限定版と違って、ソフトは別に入っています。

ダンジョンRPGはよっぽどの事故がなければ、このジャンルが好きな人にとって「クソゲー」にはならないんですが、このゲームはそういった無難なところを飛び越えて、『ペルソナ』らしさ溢れるこの作品、かなり遊びやすくて、好みです。ダンジョンRPGをプレイしたことがないという人にもオススメですし、このジャンルに口うるさい人にも、新鮮味を感じさせてくれる作品ではないでしょうか。

ここまでキャラクターが立っていて、かけあいが多くて、ストーリーも面白いダンジョンRPGはなかなかありません。ゲーム難度をいつでも変えられる(最高難度のみ一度選択すると変更不可)ということで、全体的にあまり難しいゲームではないですが、謎解きは歯ごたえあり。ダンジョンマップは、最近の『世界樹』シリーズよりも作り込まれているように感じました。『ウィザードリィ ディンギル』を遊んでいるときのわくわく感、みたいなのがこみあげてきて、フラゲしてそのまま徹夜×2をキメたゲームは久々です。

”サブペルソナ”という、メインのペルソナ以外にもうひとつペルソナをつけて、キャラクターを強化できるシステムは、やりこみどころではあるものの、やっぱりいつも通り、テンプレの最強ペルソナとスキル構成にたどり着く予感がします。ただ、主人公以外にもこのサブペルソナをつけられるので、つまりただゆかりッチを強くできるという神システムでもあるわけですね。今までのは、お気に入りの悪魔をカスタマイズしようにも耐性の壁に阻まれて、キャラクターを強化しようにも、主人公以外は勝手に成長していくとうところで、あまり自由度がなかったんですが、全員のペルソナをいじれるということで、この不満から「やや」解き放たれました。

いい加減スキルバランスとシステムを考えろよと『真・女神転生3』以降のこの会社の作品に思っている僕ですが、『ペルソナ』シリーズとはジャンルが違うというところで、ペルソナ集めが楽しい!と童心に帰って遊んでいます。レベルあげが単調で、レベルが上がりやすいというのも、このゲームに関しては、あまりデメリットではないような気がします。だいたいのダンジョンRPGのレベル上げとか、完全に作業ですから、さくっとあがったほうがいいんです、僕は。

バトルはダンジョンRPGの都合上、慣れてくると作業になりがちですが、適度なエンカウント率や、やや早めのバトルテンポなど、あまりストレスが溜まらないように設計されています。

有料DLCがゲームをだいなしにしてしまった『真・女神転生4』の反省点を受けてか、このゲームには有料DLCはなさそうな雰囲気です。(パッケージ裏に有料DLCの記載がありません)無料のものは、今のところおまけ要素的なところで、その幻想とバランスをぶち壊すというものにはなっていないので、ひとまず安心しています。

ここ最近のアトラスゲーに不信感でいっぱいだった僕ですが、このゲームを遊んでいると、今後に期待が持ててきます。『メガテン2』は良かった、などといっているおじいさんとは違い、僕は少しですが、お布施をしているんです。インデックス時代に出たアトラスブランドのゲームは全部●●ゲーだったという仮設が実証される日が来る事を願ってやみません。

ところで、『デビルサバイバー2 ブレイクレコード』が開発中止になるかどうかという賭け事は開催されているんでしょうか。