▲どうせ買うならamiiboまでということで、勢いで買いました。

【プレイインプレッション】『スプラトゥーン』はチュートリアルからいきなり面白さを加速させてくる神ゲー

By asabat, 2015/05/28

WiiU『スプラトゥーン』を買いました。
WiiUは発売日に買ったものの『The Wonderful101』をやりこんで以降あまり起動していなかったのですが、『ゼノブレイドクロス』とこの作品の登場で、ハードとしての評価がおれの中で爆アゲ中です。ごめんな、この前、『ネギま!?ネオ・パクティオーファイト!!』を遊ぼうとしたりして。

▲どうせ買うならamiiboまでということで、勢いで買いました。

▲どうせ買うならamiiboまでということで、勢いで買いました。

ゲームを始めて最初のチュートリアルで、既に面白くて、わかりやすくて、これはひょっとして神ゲーというやつなのではという予感。チュートリアルのモードとしての手法は、ゲーム内のアクションを実際にプレイヤーに体験させるというシンプルなものなんですが、そのアクションや仕組みが、一度触れただけで、「これ絶対面白い」と思わせてくれるようなものばかりでした。TPSは苦手というか、下手なおれでも、これなら遊べる、楽しめる!という確かな手ごたえを感じました。

そして、チュートリアル終えて街みたいなところに放り込まれたら、いきなり”オンライン対戦”をやってみよう!的なぶっとんだ設計で面食らったものの、導かれるままに遊んでみると、対戦の自由度の高さに完全にやられました。一見TPSですが、ゲームの遊びやすさと間口の広さは任天堂チューニングならでは。弾をうちまくっても、すぐに自分で補充できるし、逃げ回って色を塗っているだけでもなんとなく戦闘に参加しているような気になれる。奥も深そうだけど、最初の敷居は低い、1試合遊んだだけで伝わってくる圧倒的面白さ、凄すぎるぞ任天堂と今完全に信者になっております。

対戦のルールは、ステージ上をインクを塗りあって、インクを塗った面積の多いチームが勝ちというシンプルなものですが、銃やローラー、ボムなど、キャラクターの行動の爽快感がとにかくすごい。対戦を重ねれば武器や防具が増えていくんですが、動きとステージの自由度が高いから、同じ武器を使っていても、飽きがこない作りになっています。まだ銃やローラー、ボムくらいしか使ってないのに、数時間遊んでも全然飽きない、この先武器が増えたり、防具の育成要素に手を出したらどれだけ遊べちまうんだ……!

あまりの面白さに完全にハイな状態で夜中までプレイしていたんですが、隣でプレイしていた人は、おれが寝て起きてもゲームパッドを握りしめていました。

一人用モードも充実しているので、それも今日からやりこんでイカねば!

発売日直前に、とりあえず対戦できそうなものは買うジャンキー仲間のコイチさんと話していて、

コイチ「イカ買わないの?」
おれ「とりあえず買うけど、身内でやるやついるの?つかこれフレンド固定で遊べるようになるのは8月アプデからっぽくね、うーん。」
とか今思うと寝言のようなことをのたまっていましたが、いざ対戦してみると、最初の時点でフレンド固定で遊べないのも、ボイスチャットがないのも、これはもう意図的なものだろうと勝手に納得してしまいました。このコミュニケーションの乏しさがないと、ゲームを遊び始めてすぐにあれこれ指示されたり、文句を言われたりして、ゲームの面白さを感じる前に窮屈になってしまうだろうし、後々アプデで追加するというのは、任天堂のストラテジーであり、最高の正解なのでは!と思っています。こうして信者はできていくんですね。『ファイアーエムブレムif』の一次予約の数がとれなくて、おもちゃ屋の人と、「マジ任天堂の品薄商法はよお!」みたいな話をしたことを、ここに懺悔します。

これは、イカと何かをかけあわせた全く新しいゲームですね。
そして、ゲームパッドを使うWiiUでしか遊べない、WiiUならではの最高のアソビです。
イカの公式の映像を見れば、本作の魅力の一端が見えてきますが、プレイすると、一億倍くらいの勢いで神ゲーを感じられると思います。

発売間もない今は、確立された戦術もなく、動きや装備も皆それぞれで、自由に遊びやすくて、ある意味一番面白い時期なのかなと思います。勝つともちろん嬉しいですが、負けても楽しさが上回ってくるのって、凄いことですよ。そんなわけで、WiiU持ってない人はいますぐ本体とソフトを買いましょう。