pso20130330_215623_006

ファンタシースターオンライン2

By asabat, 2014/01/19

ここ1年ほど、『ファンタシースターオンライン2』(以下『PSO2』)に夢中です。このゲームは、タイトルから想像がつく方も多いと思いますが、オンラインRPGで、インターネットを介してつながっている多くのプレイヤーたちとともに、冒険をしていくという作品です。僕とオンラインゲームの出会いは、『ウルティマオンライン』です。そして、『ファンタシースターオンライン』、『ラグナロクオンライン』、『ファイナルファンタジー11』などを経て、しばらくオンラインゲームはいいやとなっていたところに、このゲームにすっかりやられてしまいました。

ソーシャルゲームでは当たり前になりつつある、基本無料という形態がまさか『ファンタシースターオンライン』シリーズにつけられるとは思ってもみなかったので、軽く遊んでつまらなかったらやめればいいや、というか、基本無料だからつまらないんだろうなと思いつつオープンβテストから始めてからというもの、プレイ時間が4000を超えていました。ログインして放置している時間も長いのですが、半分以上はプレイしていると見積もっても2000時間、あとあと考えると、この時間を他のことに使っていれば、何かほかの部分で、人間的なレベル上げができていたかもしれません。

基本無料というと、ソーシャルゲームの感覚になれてしまって、10万以上課金してようやく下っ端戦士というイメージがあったので、「課金してキャラクターを育てるなんて笑止千万」(『モバマス』に万札を注ぎ込みながら)と思っていたのですが、このゲームは違いました。

『PSO2』は、基本無料で、ただ遊ぶだけなら、ソーシャルゲームにありがちなスタミナ的なプレイ制限もなく、ほぼ全ての要素を無料で遊ぶことができるんです。ゲームの内容としては、敵を倒して、レベルを上げて、オンライン上のフレンドたちと冒険して…、装備を揃えてとか、オンラインゲームのお手本のようなゲームです。今ではあまり言われなくなりましたが、MOとMMOの中間のようなゲームで、ソロでも遊びやすいのがこのゲームの特徴です。

pso20130330_215623_006

▲このゲームを続けている一番の理由、それは、キャラクターメイクの面白さ。僕はこういう、硬派なキャラクターを作って戦っているにも関わらず、ロリコンは犯罪などのあおりをくらうことが多く、大変遺憾です。

 

課金要素となっているのは、

・ショップ出店や、受けられる依頼の数が増えるプレミアムセット。(1300円)

・キャラクターに装着できるコスチュームやアクセサリ(1回200円~500円のガチャ)

・所持アイテム数や、倉庫に収納できるアイテム数の拡張(初期投資2000円程度で永続的に拡張)

・アイテムクリエイトの効率化要素(初期投資1000円程度で永続的に拡張。)

・獲得経験値やレアドロップ率にブーストをかけるアイテム(5~10個セットで1500円程度)

などが主になっています。 これをみて、バリバリの課金ゲーじゃないかと思う方がいるかもしれませんが、プチ廃人の僕で、月額の課金料金は2000円程度です。具体的な内訳は、プレミアムセット+ガチャ3回程度というところでしょうか。ガチャに関しては、500円、1000円といった単位での課金しかできないため、あまったお金をガチャにまわして運試ししているだけです。

このゲームをがっつり遊ぶ上で、プレミアムセットは必要不可欠ですが、他の要素については、課金しなくても十分に遊べるようになっています。このゲームのコスチュームやアクセサリはお飾り要素しかなく、キャラクターの強さに関わることは一切ないため、趣味の装備です。これについては、ガチャでランダム入手なんですが、そのほとんどが、ゲーム内マネーで取引できるようになっています。獲得経験値やレアドロップ率というと、常飲しておかなければならないのかと思う方がいるかもしれませんが、経験値については、課金にひけをとらないブーストアイテムがゲーム内マネーで手に入りますし、レアドロップ率に関しては、買うだけ無駄というのが僕の意見です。課金で売られているものよりも、さらにブーストをかけるアイテムがゲーム内で手に入るので、最近では買っている人も少なくなっているようです。

月額1300円~2000円というと、月額課金のオンラインゲームと同じくらいですよね。 基本無料という入り口の広さがこのゲームの魅力のひとつなので、気になるという方は、とりあえず、PCかプレイステーションVitaで遊んでみるといいでしょう。

ただ、オンラインRPGというだけあって、スタートダッシュをしたほうが有利なゲームになっているので、サービスインから1年以上経った今、一人ではじめてもレベル上げはしんどいし、フレンドはできないし、悲しいことばかりかもしれません。運営側のほうで、レベル上げの緩和などはとられているものの、サービス開始初期から遊んでいるプレイヤーたちが、レアアイテムを求めて必死になってこなしているクエストをとりあえず受注できるようになるまでは、手伝ってもらっても30時間はかかります。一人で遊ぶと、おそらく、100時間くらいはかかるんではないでしょうか。30時間や100時間という時間の単位は、オンラインゲームにおいては、たいしたことのない時間なので勘違いしがちですが、これだけ時間があれば、オフラインRPGの1本や2本をクリアーして、ゲーム友達と有意義な話ができるようになっているはずです。

さらに、クエストを受注できるようになったとしても、上位の装備を手に入れるためには、かなりの時間が必要ですし、全部で7つある”クラス”のレベルを、現在の上限である65まであげるとなると、少なく見積もっても200時間程度はかかるのではないでしょうか。 ただ、この装備の部分に関しては、ガチャで出たコスチュームやアクセサリを、ゲーム内マネーで売ることで、一気に追いつくことも可能です。コスチュームやアクセサリはガチャなので、運によって多少ぶれたりもしますが、1クラスあたりの装備をそろえるのに、今だと3万円くらいでしょうか。

この『PSO2』の初心者に厳しいというゲームのありかたは、多くのオンラインRPGに共通しています。 でも、この敷居がなくなったら、僕なんかはすぐにこのゲームをやめてしまうと思います。 必死に働いて、やっとこさ手に入れた地位を、新入社員に奪われたら、こんな会社辞めてやるぜ!となるのも無理はないし、ましてやプレイすることに対して、課金までして奉仕してきたにも関わらず、そんな理不尽なパラダイムシフトが起きたら、オンラインRPGなんて誰もやらなくなるのではないでしょうか。 こういった側面がある以上、サービスインから時間が経てばたつほど、オンラインRPGへの新規参入は難しくなっていく一方です。

プラットフォームが増えない限り、新規のサーバーが立ちあがるということも少ないですし、新規のサーバーを立ち上げたところで、昔からやっているプレイヤーと完全に隔離できるような環境を作らない限り、移住を考えるプレイヤーたちによって、どんどんと踏み荒らされていくということになりまねません。

こういったところへの対策とバランスを考えていくのは、ゲームプランナーのお仕事ということで、投げっぱなしますが、もっと新規が増えてくれるといいですね。僕がリーダーをやらせてもらっている『PSO2』のチームなんて、最初20人くらいいたのに、今や2人ですよ…。

紛れもなく面白い作品のオンラインゲームなので、必死に追いつこうともがける人や、1000時間とか、1000時間とか笑止、おれの時間の中では一瞬に過ぎないぜというプロフェッショナルなニートの人、ship01でお待ちしております。

あ、100万円くらいポンと課金できる、アラブの大富豪のような方は、私めがレベル上げをお手伝いいたしますので、いつでもお声がけください。