HNI_0067

【オススメ】『ファンタジーライフLINK!』が神ゲーだということをいまさら知りました

By asabat, 2015/08/18

まったりと遊べるゲームがやりたいという話から、今更ながら『ファンタジーライフLINK!』を2人で遊び始めたら、ドハマり。連休のほとんどをこのゲームに費やしてしまいました。ウチの奥さんは、名前のセンスがよくわからない人で、”あべひろし”という名前の男キャラクターを使っていて、おれ”めんま”は、”あべひろし”とともに不思議で優しさに満ち溢れた世界”ファンタジール”を駆け回っています。

スマートフォン用アプリ『ファンタジーライフ2』が発表されている今やらんでもという気がするのですが、このゲームがこれほど作りこまれていて、マルチプレイがこんなにも面白いとは、発売当時は全く思いませんでした。あのときは今以上に『ファンタシースターオンライン2』に夢中で、こういったマルチプレイのゲームをがっつりと遊ぶ時間をとろうとしてなかったんですね。アホほどゲームを遊んでいて、よりによってこんなメジャータイトルをろくに遊んでいなかったなんてとちょっと悔しい思いをしましたが、何にせよ、今こうして遊ぶことができてよかった。
神ゲーですよこれは。

▲ゆるゆるとしたストーリーながら、心を揺さぶる熱さや暖かさも。

▲遊び始めたらやめどきがわからなくなる面白さ。連休の大半は徹夜で過ごしました。

そんな風に後出しじゃんけんのようなタイミングで絶賛していますが、何が素晴らしいのかと聞かれると「全部」と言いたくなるほど、ストーリーも、システムも、ボリュームも、やりこみ要素もオリジナリティあふれる一級品です。一見、子供向けのタイトルに見えますが、大人だからこそ楽しい要素も盛りだくさん。ちょっとした小ネタや、大人だから萌える描写など、おれはこのゲーム、大人のためのものだと感じています。

本作では、”ライフ”と呼ばれる職業のようなものについて、ストーリーを進めたり、その道を極めようと修練を積んだりするんですが、傭兵や狩人、魔法使いなど、戦闘に長けたライフ以外の、生産に携わる大工や鍛冶屋、その素材を集める木こりなど、いわゆるクラフターに分類されるライフにも、奥深いやりこみ要素が用意されています。しかもそれぞれのライフを生きていくうえで、メインストーリーとは違うシナリオが用意されているんです。オンラインゲームのクラフト職のレベルやスキル上げのように、作業感も強くないので、ゆるーく遊べるのも嬉しいところです。

さらにはこういった職で、メインストーリーをクリアーすることもできてしまいます。ストーリーの道中に登場するボスは、正面から闘うこともできますが、勝てないと思ったら、別の方法をとってやり過ごすこともできるんです。

▲おれは狩人でゲームを始めてみました。弓と短剣を使える戦闘向きの職業です。

▲おれは狩人でゲームを始めてみました。弓と短剣を使える戦闘向きの職業です。

▲敵がユニークアイテムを落とすこともあるので、ハクスラとしても楽しめます。

▲戦闘職の楽しみは、強敵との戦闘とバリエーション豊かなハクスラ要素。ボス系のモンスターは、貴重な素材をドロップします。

▲ライフにはさまざまな種類があります。戦闘をするだけでなく、漁師や木こり、鍛冶屋など、「制作」に特化したライフも用意されています。こういったライフでも、物語を一通りクリアーできるのが面白いところです。

▲ライフにはさまざまな種類があります。戦闘をするだけでなく、漁師や木こり、鍛冶屋など、「制作」に特化したライフも用意されています。こういったライフでも、物語を一通りクリアーできるのが面白いところです。

ストーリーのほうは、タイトルにもあるように、ファンタジー風味強めですが、ゆるゆるとした展開の中に、心を揺さぶる熱さや暖かさが散りばめられています。理由あって子供の姿をしている王様や、愛くるしい外見の精霊、優しすぎる魔王さま。登場人物たちは皆、ファンタジールの世界を愛していて、そこに住む人たちの心も、驚くほど美しいんです。
敵を作ることなく進んでいく物語でありながら、、それでいてしっかりと物語の起伏がある。こんな素晴らしい構成の物語は、なかなかあったもんじゃありません。

▲ゆるゆるとしたストーリーながら、心を揺さぶる熱さや暖かさも。

▲ゆるゆるとしたストーリーながら、心を揺さぶる熱さや暖かさも。

▲こんなん泣くわ!

▲こんなん泣くわ!『ファンタジーライフ』もまた人生だ。

ゆるゆるとしたストーリーで、クリアーまでは凄くスムーズに進んだので、難度的にはこんなものなのかなと思っていたら、エンドコンテンツは歯ごたえ十分。ライフ別の最終クエストは、ソロだと相当きつそうだったので、マルチプレイでごりおしました。ここらへん、ちゃんとした攻略を知らないまま倒してしまったので、次はソロで倒せるよう準備をしていきたいと思います。
マルチプレイについては、いろいろなクエストを一緒にこなせるよう設計されていて、同期ずれも特になく、ロードも爆速です。ただ、ゲーム内での意思疎通手段が少なく、マルチプレイ状態でもできることが多すぎるので、Skypeなどを使ったり、とにかく話ができる環境でのプレイをオススメします。というかですね、マルチプレイをすると何倍も面白くなるので、是非ともお友達や家族を誘って遊んでみてください。ゲームの得意不得意とか、この作品には関係がないんです。

▲エンドコンテンツの難度はかなり高め。高レベルのキャラクターでも一撃でやられるような攻撃が飛び交います。

▲エンドコンテンツの難度はかなり高め。高レベルのキャラクターでも一撃でやられるような攻撃が飛び交います。

▲一番苦戦させられたタイフーンバード。風耐性をあげて挑むのが正攻法らしいですが、マルチプレイの数の暴力でごり押しました。

▲一番苦戦させられたタイフーンバード。風耐性をあげて挑むのが正攻法らしいですが、マルチプレイの数の暴力でごり押しました。

バトルやクエストをこなすだけではなく、別荘を買ったり、ペットと暮らしてみたり、家具を集めてみたり。
『ファンタジーライフ』をやりつくすには、まだまだ時間がかかりそうです。ひとまずの目標として、全ライフを最高ランクのゴッドまで上げようかなと思っていますが、それだけでも数十時間あそべてしまいます。おれの知り合いは、「600時間遊んだとか」言ってますし、まだ60時間くらいしか遊んでいないおれはこのファンタジールの世界においては、まだまだ駆け出しです。


こんな面白いゲームを遊んでいない人がいるとしたら、マジで今すぐ買うべきと背中を押してあげたい。
是非、遊んでみてください。

おれのほうは、スマートフォン版『ファンタジーライフ2』に、この勢いで事前登録してみました。
スマートフォンのゲームには、なかなかハマれない性質なのですが、このゲームがもし、『ファンタジーライフLINK!』のマルチプレイを進化させたゆるーいオンラインゲームに近いものなら、ゆるゆると遊べるかもしれません。