聖闘士星矢 ソルジャーズ・ソウル_20150922174618

【プレイレポート】PS4『聖闘士星矢ソルジャーズ・ソウル』、おれたちの”ルール”を紹介します

By asabat, 2015/09/28

さて、今回の記事では、我々キャラクターゲームを楽しく遊ぶためのLINEグループ”ゴジライン”が、『聖闘士星矢ソルジャーズ・ソウル』を遊ぶ上で適当に決めた3つの身内ルールを紹介します。

・神聖衣の黄金聖闘士は全て禁止
・アシストフレーズは禁止
・オンラインバトルの設定でアニメーションをオン

ルールを決めて遊ぶなんてつまらんという人もいるでしょうし、おれとしても、別に守って下さいというわけではないのですが、『聖闘士星矢ソルジャーズ・ソウル』を格闘ゲーマーが遊ぶなら、このルールがなかなかイケてるのではと思うんです。

ひとつひとつ、理由を説明していきますと、

神聖衣の黄金聖闘士は、一定時間自己を強化できる”セブンセンシズ”を発動するための、セブンセンシズゲージの溜まりがメチャクチャ早いため、コンボをもらっても抜けやすく(セブンセンシズ発動は、やられ中でも発動できます)、パワーアップして闘える時間が他の聖闘士に比べてかなり長くなっています。しかも、セブンセンシズゲージを使って出せる、ビックバンアタックがどれもぶっ壊れた性能で、他の聖闘士がわりと工夫しなければいけないところを、とりあえずキャンセルしとけ的な勢いでつながってしまいます。現状のおれらのやりこみでいくと、「なんでこの性能で対戦で使えるようにしたんだろう」と思うほどのキャラクターなので、ひとまず禁止にしています。こういった、キャラクターの設定を実際の強さに目に見える形で反映するという仕組みは、バンダイナムコエンターテインメントをはじめとするキャラクターゲームメーカーにありがちな作りなんですが、オンラインバトルのあるこのご時世、もうちょっと思慮深く作ってほしいところですね。(身内以外とあたるランクマッチに踏み込むと、当然この神黄金が山のようにいるので、おれも永久コンボを装備した神聖衣カミュや、狂ったようにギャラクシアンエクスプロージョンを繰り返す神聖衣サガを3分くらい練習してはいます。)

▲神聖衣の黄金聖闘士は、性能もそうですが、パラメーター面でかなり優遇されています。使っていて楽しい要素もあるのですが、相手にしたときの圧倒的なコンボの決まりにくさなど、不快な要素が多すぎるので、ゴジラインでは早急に禁止が決まりました。

▲神聖衣の黄金聖闘士は、性能もそうですが、パラメーター面でかなり優遇されています。使っていて楽しい要素もあるのですが、相手にしたときの圧倒的なコンボの決まりにくさなど、不快な要素が多すぎるので、ゴジラインでは早急に禁止が決まりました。めちゃくちゃ格好いいんですけどね。

アシストフレーズというのは、キャラクターに装備できる強化アイテムで、「体力を徐々に回復」とかいうぶっとんだものがあるので、ひとまず、純粋にプレイヤーとキャラクターの強さを試してみたいというところで禁止です。これもランクマでいつ使われるかわからないので、強そうなのは一通り集めましたが、今後もプレイヤーマッチで使うことはなさそうです。

▲アシストフレーズを揃えるためには、CPU戦を好成績でクリアーする必要があります。バトルに課せられたミッションの中には、なかなか難しいものも。

▲アシストフレーズを揃えるためには、CPU戦を好成績でクリアーする必要があります。一応、強そうなのは揃えたのですが、使うとバランスが大きく変わるため、ひとまず禁止にして遊んでいます。

そして、大事なのが、オンラインバトルの設定で、アニメーションをオンにすること。これが頗る大事です。なんとこのアニメーションというのは、必殺技の前にはいるカットインのオンオフのことなのですが、これがオフの状態ですと、光速の光球や突進技が、何の予兆もなく画面上を飛び交う地獄のような対戦となるのです。これはこれで面白いんですが、一部のキャラクターがかなりぶっ壊れた強さを発揮してしまいますから、デフォルトのオンで対戦することにしています。これに関しては、神聖衣が設定上の強さを発揮したものと好意的に考えても、完全に調整ミスですね。ただ、アニメーションをオンにしていても、キャンセルで発動した必殺技はアニメーションがなくなるので、遠距離で、弱攻撃空ぶりキャンセル必殺技というテクニックを使うことで、見切られづらい形で必殺技を放つことができます。以下の動画でうまそうなポセイドンが冒頭で使っていますね。あ、このポセイドンおれだったわ。

昨日大久保ゴジラにわりとぼこられたのに勝ち試合をあげてすみませんすみません。
大久保ゴジラに、「カミュ以外のキャラクターもやるわ」とかほざいて無様にビックバンアタックをくらったがちょさんの動画も貼っておくので許して下さい。

以上、今回はゴジライン流のPS4『聖闘士星矢ソルジャーズ・ソウル』の遊び方でした。
PS4版のみですが、上記のルールで対戦したいという方がいましたら、twitterのほうにご一報ください。
このゲームのプレイヤーマッチは、4人までしか部屋に入れないのですが、夜10時以降であれば誰かしらいると思います。

アテナとかハーデスを禁止にすべきかどうかみたいな話もありますが、まだまだおれらがこのゲームを理解できていないので、しばらくはOKということで進めています。今日は、相手のダッシュ攻撃をバースト攻撃や、ステップでかわす練習をしてみます。