WVW69imtKscqCguBdr

【プレイレポート】ニンテンドー3DS『シャンティ~海賊の呪い~』はスーファミ世代にこそオススメしたい

By asabat, 2015/12/14

ニンテンドー3DS『シャンティ~海賊の呪い~』を遊びましたといって、「面白かったよね」と応じてくれる人がいてくれれば非常に喜びます。ゲームを最大限に楽しむ集団・ゴジラインの連中は、対戦ものジャンキーなので、こういった作品は基本家で細々と遊んでおります。
『シャンティ』って何ぞやという方に非常に雑に説明しておくと、以下の写真のような2Dアクションゲームです。飛んで、攻撃して、行き詰ったら少し戻って仕掛けやアイテムを探す。古き良きアクションゲームの空気漂う作品となっています。

△グラフィックにぐっとくる、おっさんゲーマーなら確実に押さえておきたい一本。

△グラフィックにぐっとくる、おっさんゲーマーなら確実に押さえておきたい一本。

発売前に派手なプロモーションがない、こういったソフトをプレイせずにはいられないおれですが、今回も大満足。「ゲームとして発売しよう」という販売側の強い意志を感じる、素晴らしき作品でした。この『シャンティ』は、海外で人気を博している作品で、シリーズ展開もされています。今作『シャンティ~海賊の呪い~』は、シリーズの3作目ということで、極めて完成度が高いです。

△グラフィックもさることながら、アクションの操作性も素晴らしいです。

△グラフィックもさることながら、アクションの操作性も素晴らしいです。

2Dのアクションゲームがどんどん減ってきている今日ですが、本作の2Dグラフィックは、とにかく味がある。ぬるぬるキャラクターが動きますし、アクションも軽快。おれのようなプレイヤーへの需要も見込んでか、胸なんかもしっかり揺れますし、しかも、謎に立体視に対応しています。
ところどころ、不思議なローカライズになっていたり、タッチパネルのレスポンスが気になったりはしますが、メインとなるアクション部分はしっかり作られていて、SFC時代にこの手のゲームをいろいろと遊んだプレイヤーにはたまらない作品です。『悪魔城ドラキュラ』タイプのアクションにハマった人なら、その出来栄えに驚けるはず!

△海外の”萌え”を感じる描写もたくさんあります。

△女性キャラクターの躍動感あふれる描写も本作の特徴のひとつ。硬派なゲーマーの方も、敬遠せずに是非遊んでみてください。このアクションを体験しないのはもったいない!

シリーズものの第三作ということで、過去作の物語を盛り込んだシナリオ描写が多いのは仕方がない部分もあるのですが、もうちょっとフォローがあればよかったかなとも思います。過去作については、プラットフォームがばらばらだったりして、日本で遊ぶのはなかなか大変なので、ニンテンドー3DSのダウンロード版などで今後対応してくれると嬉しいななどと無責任に祈っています。

広告費の問題なのか、メーカーサイドのスタンスなのかはわかりませんが(おそらく前者だと想像します)、メディア展開がほとんどされないこの手のタイトルは、前情報なしで自分のところに飛んでくるので、遊んでみるといろいろな発見があり、新鮮で、面白く感じることが多いですね。大型タイトルだと、プロモーションからある程度ゲーム内容を想像してしまって、遊んでみると「こんなものか」と思うことも少なくはないので、『シャンティ』のようなタイトルは、宝箱のように感じます。

ファミ通やファミ通.comの発売カレンダーをペラペラめくって、見慣れないタイトルや、ナンバリングのついていないものがあったらチェックして、気になればとりあえずポチってみるというのはここ数年変わりませんが、これだけゲームを遊んでいてもやっぱり見慣れないものや、おっと思うものが出てくるというのは嬉しいですね。できるだけ、そういったタイトルを紹介できるよう、今後もゆるゆるとブログを更新したいと思います。