▲初回特典版のパッケージのサイズはどれもでかめ。全員おれの嫁。

ギャルゲーの秋

By asabat, 2014/10/02

『オメガクインテット』、『シェルノサージュ オフライン』、『アルノサージュ』を買いました。ジャンルは違えどもう全部ギャルゲーでいいかと思います。

▲初回特典版のパッケージのサイズはどれもでかめ。全員おれの嫁。

▲初回特典版のパッケージのサイズはどれもでかめ。全員おれの嫁。

『オメガクインテット』は、数時間遊んだ限りではロード時間の短さが神、という印象で、やりこみ要素も多そうです。戦闘中の演出もスキップできて、このスキップがかなり早いので、雑魚敵を狩るのも今のところあまりストレスになっていません。ストーリーがすごくこう、アニメ的というかラノベ的というあたりが人を思いっきり選びそうですが、そこらへん大丈夫ならRPGとして遊びこめるのではないでしょうか。

おれはメインヒロインが小毬ちゃんにしか見えなくてこいつはいつか絶対”やってくる”と警戒を強めつつゲームを進めています。『リトルバスターズ』は神ゲーですね本当に。

あとは、主人公がなんかこうクールすぎてきちい。

物語の進行は、”第何話”というアニメ風に区切られているようで、主題歌、エンディングテーマが山場を越えるたびに流れます。結構、萌えるじゃねえか……なんてバスローブでワイン片手に楽しんでいます。

『シェルノサージュ オフライン』は、ネット要素がイマイチだった『シェルノサージュ』に対するテコ入れとしては素晴らしい出来かと思います。リアルタイム連動型のゲームで、タイムスキップが付くと味気ないんですよね。
おれが『ルームメイト』や『リトルラバーズ』、『ラブプラス』を好きなのって、やっぱり毎日軌道して遊んでいたからなんです。

パッケージのイオンちゃんを見て、すべてを許せてしまうあたりには萌え豚です。

『アルノサージュPLUS』は発売のタイミングに若干キレており、前作をやりこんだおれとしてはなんだか微妙なんですが、イオンちゃんに罪はないので、とりあえず買っておきました。トロフィーコンプはそんなにしんどくなさそうな気配です。

こっちはパッケージがキャスだからなぁ、おれ、ロリコンじゃねえし。

とりあえず土日までにいろいろクリアーしておきたい、ところなんですが今絶賛軽い気持ちで引き受けた面白そうな仕事に拘束され、危ない気配が漂っています。遊びたい!