image

マチ★アソビvol.13

By asabat, 2014/10/14

今年の秋のマチ★アソビvol.13は、台風の襲来によりオワな予感を感じさせましたが、三日間のイベント日程を二日間に圧縮するという運営側の神対応により、雨風にやられることなく楽しむことができました。大規模なイベントであるにも関わらず、こういう臨機応変な対応ができる柔軟さに脱帽です。

さてこの今年の秋のマチ★アソビ、日程圧縮、台風の影響などもある中、5万人の参加者を集めたとのことです。町おこし系のアニメイベントとして知名度をぐんぐんあげている成果もあり、徳島の街が活気ある盛り上がりを見せていました。おれが徳島に住んでいる限り、秋葉原や日本橋のように、普段からオタクの街として盛り上がっている気配はほとんどないので、このイベントのために県外から来ている方も多そうです。

このイベントの魅力というのはやはり、制作サイドとの距離の近さだと思うんです。ステージに上がっている演者さんと観客の距離が、これほど近いイベントはなかなかありません。そこらへんのカフェで、声優さんが休んでいたりします。規模が広がっていくと、また違った形になるのかもしれませんが、今のこのゆるゆるとした雰囲気が、今後もイベントの味になってくれればなと思っています。

バンダイナムコゲームス&サイバーコネクトツーブースで最新作を遊び尽くせ【マチ★アソビ vol.13】 (ファミ通.com)

沼倉愛美さんや山崎はるかさんなどが出演した“エイベックス・ピクチャーズ スペシャルトークショー”で裏話が続々【マチ★アソビ vol.13】(ファミ通.com)

おれのほうは全く写真を撮っていないことに今更気づいたので、ここらへんの友人知人が書いていそうな記事から、距離の近さが感じていただければと思います。

徳島県民としては、もう少し”徳島”にリンクしたイベントになっていくと楽しめるところも増えるのになと思うのですが、それはまた贅沢なリクエストで、実際には、地元の人の理解なんかも含めていろいろと大変なところがありそうです。

で、このマチ★アソビでおれは何をしていたかというと、東京から来ている友人たちをちょっとだけ案内しておりました。あとは、県外から来ているメーカーやメディアのところをふらふら回っていただけで、やったことといえばアークシステムワークスブースで『アンダーナイトインヴァース』の試遊台で友人のがちょさんを倒したことくらいです。歴史に埋もれた神ゲー『餓狼伝説 WILD AMBITION』を朝までぶっつづけで遊んで、がちょさんを倒したりしていました。このゲームの魅力については、改めて別記事で書きますね。

今回は東京から友人たちが遊びに来るということで、100均で歯ブラシを買っておく程度のおもてなしをさせていただきましたが、市外の面白いところも紹介してあげればよかった、などと今更になって思っております。

BBQ

 

image徳島のものをひたすら集めた食事会を家でやったら、量が大変なことになっておれは今日もその残り物を食べているという事態になっています。ただ、実際に集めてみると、徳島には美味しいものが多いですね。ウチはBBQスペースがある謎の家なんですが、家族で使うことはまずないため、久々に活用したような気がします。徳島に来てくれた友人たちが、こいつ本当にインテリア系の仕事をやっていたんだと思ってくれれば良いんですが、結局ゲームしているだけだったような気もします。やっぱわいわい家でゲームをするのは楽しいですね。

ゲーマー、オタクの皆さま、マチ★アソビで来るのはもちろん、徳島への移住、いつでもお待ちしております。