2014-11-12-2021-00.flv_000001777

天使のいない『電撃文庫FIGHTING CLIMAX』

By asabat, 2014/11/13

タイトルに特に意味はありません。

PS3版『電撃文庫FIGHTING CLIMAX』の新キャラをガチャガチャと遊んでおりました。アーケードモードを普通にクリアーするとアキラ、クライマックスアーツフィニッシュ多め(加えて、1ラウンドも落とさないもあるかもしれません)でセルベリアが出るみたいですね。

セルベリアは、飛び道具がまぁまぁ強そう、A+Bがほかのキャラより攻撃範囲が広そう。黒雪姫に強そうとかそういうところでぶっちゃけ5分しか触っておりません。だってなんかでかいし怖いんだもん。

アキラのほうは、ステップ移動のキャラクターで、機動力には若干かけるかと思いきや、ふざけた突進技をいくつか持っており、近距離でぐちゃぐちゃ力の高い技が多いので、なかなか面白く遊ぶことができました。A→B→C→A+B→クライマックスアーツが最適解なことの多いこのゲームですが、わりとコンボに悩めるような予感がするので、やりこみにも向いてそうです。キャラクター性能的にも、滅茶苦茶にできそうな要素が揃っているので、弱いということはなさそうで、もしかしたら上のほうに来るのかもしれません。

『バーチヤファイター』はオンラインサービスも終了し、もう続編の芽も薄そうなので、『バーチャ』勢の方は2Dのアキラを楽しんでください楽しめるわけねえだろうという話ですが、動かしていて面白いキャラクターであることは確かです。おれのほうは、3分練習して宿敵・コイチさん(東京在住、かっては柏のハメ小僧と呼ばれていたらしい)との同キャラオンライン対戦に繰り出して、20試合くらいでお互いになんとなく”クソゲーにする方法”みたいなものをつかんできたんですが、結局、相手の心の隙を突く鉄山靠だろうこれという、このゲームをやりこんでいないなりの浅い結論に達しました。

新サポートでは、一方通行さんが強そうですね。隙消しに使いやすいうえに、コンボパーツとしても使いやすいです。当身も、ダメ押しの起き攻めと合わせればかなり強いですし、とりあえずおれはこれで遊ぼうかと思います。

気になるオンライン対戦のほうは、ゲームセンターに比べるとやはりラグを感じるものの、対戦するだけなら快適といっていいレベルです。試合中に、急にラグが発生するというのが何回かあったんですが、トロフィーまわりの問題かもしれません。そんなわけで、家庭用は家庭用格闘ゲーマーが対戦する分にはほぼほぼ問題のない作りになっています。

ただ、重要な要素のチュートリアルみたいなものがないので、キャラゲーとしての親切さには欠けますし、オンライン対戦も最低限の機能しかついていません。初心者向けの公式wikiみたいなものが立ち上がりましたが、おれのような浅いプレイヤーがちょっと見ただけで誤植を超越した誤情報が目立ちますので、したらば掲示板でも見たほうがよさそうな気配です。オンライン対戦まわりでは、どういう相手と対戦したいのかというのもアピールできず、フレンドのみを招待できるプライベート枠がなさそうなので(もしかしたらあるのかもしれませんが、昨日触ったときには見つけられませんでした)、「とりあえずお前ぼこるわ」みたいなバトルが頻発しております。

対戦ツールとしては楽しめる。初心者にが格闘ゲームの入り口にするには、ゲームの作りが不親切というのがざっと全体を見た感想です。

格闘ゲーマーとしてみるなら、アーケード版からずっと思っている

おれの愛する逢坂大河さんが使っていてつまらなすぎてヤバい

という超個人的ヘイトが前面に押し出されるのですが、操作性は良好、コンボも簡単というところで、ある程度対戦になるレベルまで仕上がるのが早いのが本作の特徴です。初心者には不親切と書きましたが、ネット上の正誤入り混じった攻略情報から、ある程度正しいものを拾える程度の格闘ゲームメディアリテラシー的な能力があれば、すぐにある程度強い動きを再現できると思います。何か新しい格闘ゲームを遊んでみたいという人には、もってこいの作品なので、原作ファンの格闘ゲーム初心者を狩っておれTUEEEしない程度のご利用をお願いいたします。オススメは、ラノベ絵とアニメ絵が制作陣の都合から非常に近いきりりん氏でございます。

逢坂大河さんは強い弱いを超越してマジつまらないですし、アニメ版権のデザインではないですし、大河目当てに買うのであれば『とらドラ!・ポータブル』でも遊ぶほうが有意義かと思われます。エンジェル大河さんはどこにもおりません。だめだやっぱりこの一点でおれはこのゲームが好きになれないんだと再確認して、個人的な感想とさせていただきます。