L1010245

とくしまマルシェでお買い物

By asabat, 2015/01/25

徳島県の農産物や加工品が並ぶ「とくしまマルシェ」に行ってきました。
毎月最終日曜日に、しんまちボードウォークで行われるこのイベントは、主に県内の参加者で盛り上がっています。
休日は全力で寝ると、適当に決めているおれですが、今回は一念発起して9時起き。
朝から買い物を楽しんできました。

徳島に帰ってきてから、1年近くになりますが、今までこなかったのがもったいなかった!

いるだけで楽しくなる、活気のある市場でした。

中には、料理に疎いおれには用途のわからないものもありましたが、買うときに「これは何ですか」と聞くと、丁寧に調理方法やお勧めの料理を教えてくれました。紫色のいもは、デストロイヤーというらしく、じゃがいもと同じように使うとおいしくいただけるそうです。ひょうたん型のかぼちゃは、バターナッツ。スープやオーブン焼きにするとおいしいとのこと。来月には、バターナッツのドレッシングも販売するよ!とのこと。楽しみです。

お値段は非常にリーズナブルで、スーパーよりもお安く手に入るものも多いようです。今回は「いちごフェア」ということで、いろいろなお店がいちごを販売していましたが、おれが到着した10時過ぎには結構なお店が完売していました。

加工品のコーナーでは、高校時代の友人「ありちゃん」のお店を見てきました。ありちゃんは、銀座のバーなどで活躍していて、数年前に徳島でBar kukkuが、今では大盛況。高校時代の同窓生の集まる場所にもなっています(笑)

ありちゃんのお店では、イチゴのピクルスとBar kukku特製のカレーパンを買いました。

食べるのに夢中で、写真をろくにとっていませんが、イチゴのピクルスは、すっぱい果物スキーのおれとしては、もう目にした時点でおいしいことがわかっていて、「次回はパイナップルもお願い!」とずうずうしい頼みごとをしてきましたが、家に帰って食べたこのイチゴのピクルスがぶっとぶうまさでびっくり。イチゴも酸味も絶妙じゃないか!

カレーパンは、通常の中辛のものと、チーズ味のもの、そして今回新製品のカレー&チョコレートを食べましたが、このチョコレートがなんとも不思議な風味で、癖になりそうな一品です。どの商品も、ものすごい速さで売り切れていたので、現地で食べたい方は、早めに行くといいかもしれません。中辛のカレーパンが品切れになったときに再訪したら、「チーズもおいしいです。中辛はイマイチだったよね?」と隣の店員さんに話をふりつつお客さんを笑顔にさせるありちゃんがいて、高校のときから変わらぬ、いやみのない陽気に、すっかり癒されてしまいました(笑)

△その場で食べられる飲食ブースも充実。お祭りのような食べ歩きが楽しめます。どれもフレッシュな食材を使ったものばかり、美味しいです。写真は神山鶏のからあげ。

△その場で食べられる飲食ブースも充実。お祭りのような食べ歩きが楽しめます。どれもフレッシュな食材を使ったものばかり、美味しいです。写真は神山鶏のからあげ。

とくしまマルシェは作っている方と触れ合える、貴重な機会で、スーパーで買うのとはまた違った充実感があります。おれは地元びいきというわけではないのですが、やっぱり、作った人の顔が見えるというのは買い物するときに安心感があります。最近はスーパーでも、作った人の名前が表示されていますが、その人と会話できるかもしれないというのは、もうひとつ贅沢な体験ではないでしょうか。

おれ自身、大型スーパーマーケットやコンビニは便利だと思いますし、Amazonには凄まじい信頼感を寄せていますが、そういうものに慣れているからこそ、たまにこういう機会や体験がほしくなるような気がします。実際、徳島に帰ってきて、こういった触れ合いの入り混じったお買い物をする機会が増えて、なんだか充実しているなという瞬間も増えました。衣服店やブランドショップとはまた違った、素朴で暖かな触れ合い、こういったものを味わえる機会は、地域の強みとして残っていってほしいと思います。

都会でこういうイベントをやると、人が多すぎて話す時間もないということになりそうですが、とくしまマルシェはまだ、もうちょっとゆとりがあるので、しばらくはこの雰囲気を楽しめそうです。東京都杉並区のほうには、常設店舗として、とくしまマルシェが出ているそうなので、今度東京にいったら、足を運んでみます。