雑記1

By asabat, 2014/04/07

ファミ通.comで『魔都紅色幽撃隊』のプレイインプレッションを書かせていただきました。記事タイトルが無理やり気味だなと後になって思いましたが、きっとそのときはそういう気分だったんです。

青春と霊、ギャップ溢れる高校生活を楽しもう! 未知のシステムが詰まった『魔都紅色幽撃隊』プレイインプレッション(ファミ通.com)

誌面の記事となると、編集さんと打ち合わせをして、レイアウトを決めてと、いろいろと手順があるので、東京に出ていかないと難しそうですが、webの記事は環境さえ用意してしまえばどこにいてもできますね。今後もちょくちょく、どこかで記事をやらせていただくことになりそうです。

誌面の記事は、徳島に打ち合わせに来ていただけるか、東京への渡航費をいただければ謹んで制作させていただきますが、おそらくそんなことはないと思うので、ゲーム系の記事はしばらくweb系メディアで展開していく気がします。

さて、記事が掲載されたこともあり、ファミ通.comをパラパラとみていたんですが、こんなんやるんですね。

この夏、アーケードゲームが集結するファンイベント“JAPAN GAMER’S LIVE”の開催が決定!(ファミ通.com)

『ブレイドアークス フロムシャイニング』が『ファントムブレイカー』に似ている話はここではしていませんが、これもタイトルになるかもしれませんね。そして、このゲームの関係者ということで、紅白歌合戦にも出た著名声優がライブなんかをしたら、すごすぎることになりそうですね。発売日に3本定価買いしたパン屋のゲームを許したわけでまったくないのですが、今後の動きが楽しみです。おれはシリルたんが出たらやりこもうと思います。

お前は一体何本許せないゲームがあるんだという話ですが、100本は楽に超えています。クソゲーだとわかりきったゲームを買った場合はともかくとして、プロモーションによりクソゲーではなさそうな気配を醸し出したうえで発売されたゲームには『アスラズラース』のごとく怒るのがゲーマーの性というものなんでしょう、きっと。

アーケードといえば、『ラブプラス アーケード カラフルクリップ』はいつまで続いていくのでしょう。このゲームだけも、最初はロケテストをハシゴする勢いでカードを集めていたんですが、『NEWバグプラス』ショックにより引退してしまいました。このゲームのカードを、ロケテストからずっと持っている人とかいるんでしょうか。いたとしたらそれはもはや、人ではないのかもしれません。

『NEW ラブプラス+』があまりにも神なので、また『ラブプラス アーケード カラフルクリップ』のカードを集めたいという気持ちも少しはあるんですが、空白があるとどうにも盛り上がらないです。この人気が盛り返しそうな機会に、過去のカードを全部盛り込んだキャンペーンとかやってほしいです!

そういえば『ラブプラス』のメダルゲームもありましたね。

都内でもあまり見かけなかった気がするんですが、徳島にはあるんでしょうか。